コラム

CASA DELLA DOLCE VITAレポート

オアフ島の西に位置するマカハ地区にあるホームステイのできる一軒家、Casa Della Dolce Vitaにお邪魔しました。



ホストはフランキーさんとチエミさんのご夫妻、お庭にいる黒猫のレオナルドくん。 チエミさんは日本人、フランキーさんはニューヨーク出身のアメリカ人のご夫婦です。 この素敵なお宅、なんとご主人のフランキーさんが設計し、6年もの歳月を掛けてご自身で建てたお家だそうで、お宅の至るところフランキーさんのこだわりが見られます。




広い吹き抜けの玄関を入ると左手にリビングとダイニングエリアが。窓からはマカハの青い海が見渡せる贅沢な空間が広がります。奥にはキッチンがあり、こちらでクッキングレッスンを受ける事ができます。




こちらはここに滞在して3週間、千葉県からお越しのワタナベジュンコさん。GIVE x GIVE x HAWAII にお申込み頂いたお客様です。ジュンコさんは仕事も子育ても一段落したこの機会にと、1ヶ月間のホームステイを満喫中でした。今回は初めてのハワイひとり旅ですが、お料理をしたり、1人でバスに乗ってのんびりワイキキまで出かけたり、ボランティア活動に参加したり、いままでにない自分だけの贅沢な時間を楽しんでいるそう。




ジュンコさんも参加してクッキングレッスンが始まりました。今回はディナー用のパスタの仕込み。一回経験済みとあって、ジュンコさんも慣れた手つきで生地をこねていきます。お料理はイタリアン、フレンチがメインですが、ジャンルも多岐にわたり、ラウラウなどのハワイアン料理も作るそうです。滞在なさるゲストのリクエストをもとに、毎回新しいメニューで、同じものは作らないというのもポイントです。




丁度ランチタイムだったこともあって、フランキーさんが自慢の腕をふるってランチを作ってくださいました。ハワイでいくつもの有名レストランで働いていた経験のあるフランキーさん、とても気さくで陽気な方ですが、「人間の基本は食事、だから食事を作ることには手を抜かない」と料理に対する姿勢は真剣そのもの。




すぐそばでサポートするチエミさんとの息もぴったり。さすがご夫婦ですね。




丁寧ながら鮮やかな手つきであっという間にランチを完成させました。今日はソーセージを使ったオープンサンドと野菜たっぷりのミネストローネ。フォカッチャももちろん手づくり。この日は風がさわやかな外のテラスでいただきました。




テラスから見上げるマカハの雄大な山々を眺めながら食べるランチは格別です。




Casa Della Dolce Vitaは2階にホームステイ用の客室が2部屋あり、どちらも同じレイアウト。スイートルームタイプ(ベッドルームとリビングルーム)のお部屋で、それぞれに専用のバス・トイレがついています。




どちらのお部屋からも広いラナイにでることができ、ラナイからはマカハの海と山が一望できます。ラナイで1日中読書やお昼寝してもいいですね。 こちらでは一度に最大4人までしかゲストを受け入れていないのでプライベートもしっかりと守られています。


ホームステイ中のスケジュールは平日の月曜日から金曜日までその日のディナーを作るクッキングレッスンがある他は、ゲストの自由。裏庭でヨガをしたり、地元のフラレッスンに参加したり、ゲストの希望があればチエミさんが出来る限りアレンジをしてくれるそうです。ちなみに今回ステイしているジュンコさんはボランティアに参加したいとの希望があったので、週末出雲大社でお守りを作るボランティアに参加したそうです。そのほかにも農場のお手伝いや地元のイベントへの参加など普通のハワイ旅行では体験できないことばかり。これもオーダーメイドの旅ならではといえるでしょう。




ワイキキの喧噪から離れたマカハの一軒家で過ごす自分だけのハワイステイ。
奥様のチエミさんの日本人ならではのきめ細やかな気遣いと、フランキーさんの美味しいお料理と楽しい会話がホームステイをより一層楽しいものにしてくれそうです。

PAGE TOP