コラム

自転車で走ろうホノルル

慢性的な交通渋滞に悩むハワイ。ホノルル、特にワイキキの周辺エリアの交通渋滞は東京の中心地にも匹敵する程で、たった1マイルを車で進むのに3−40分かかることもまれではありません。そんな中、渋滞に関係なくスイスイと車の間を抜けて颯爽と走る自転車をハワイでもよく見かけます。ただしハワイでも車両として扱われる自転車は基本的に自動車と同じ車道を走らなくてはならないので、車線をどんどん変更しながら走って行く自転車は、一緒に車道を走る自動車のドライバーにとっては危険な存在。


またルールを無視して歩道を走ったり、また車道を走るのにも関わらずヘルメットを装着しないで自転車に乗る人も多く、車と自転車、または自転車と歩行者との事故も少なくないのが現実。そんな中、ここ数年普及して来たのが自転車専用レーン。ホノルルを東西に横切るキングストリートやアラワイ運河沿いのアラワイストリートなど主要な道路に設置され始め、自転車と自動車、そして歩行者がレーンを分かれて通行できるようになりました。

新しい自転車シェアシステム「biki」

自転車に乗る人にとって少しずつ良い環境になってきたハワイですが、それでもワイキキなどでは駐輪場所を探すのがこれまたひと苦労。そんな中で今年の6月にダイヤモンドヘッド〜チャイナタウン間エリアで自転車の新しいサービス、バイクシェアシステム「biki」がスタートしました。この「biki」、エリア内100カ所程にステーションと専用自転車が設置され、利用者は好きなステーションから自転車を借りて、行き先の最寄りのステーションで返却する、という自転車をシェアするシステムです。


好きな場所で自転車に乗り、目的地近くので返却できるので駐輪場を探す手間もないし、時刻表通りに来ないバスにイライラすることもありません。料金は全てクレジットカードでの支払いで、ステーションのマシンで支払えばすぐ自転車にのることができます。

料金体系はいくつかありますが、最もシンプルなもので最大30分レンタルで3.50ドル、つまり30分以内であればどこまでもこのbikiに乗って好きな場所に行く事が出来ます。また事前にウエブサイトなどでメンバーになってマンスリーパスを購入すれば、月25ドル払うと1回あたり最大60分、利用回数無制限でこのbikiを利用することができます。オアフ島内のバスが片道2.5ドルなのを考えるとちょっと割高な感じもしますが、オアフの青い空の下、気軽にサイクリングできると考えれば案外おトクかもしれません。


またステーションはワイキキ中心部、アラモアナ、ダウンタウンなどホノルルエリア内の主な施設や公園内など数多く設置されているのでわざわざステーションを探す、という面倒もなさそうです。 次回ハワイに来る際にはこのシェアシステムを利用してサイクリングを楽しんでみるのはいかがでしょう?

Bikiの利用方法などはウェブサイトで:gobiki.org


車道と歩道の間に設置されはじめた自転車専用道路

ワイキキの中心部にもいくつも設置されているbikiステーション

PAGE TOP