コラム

ファーマーズ・マーケット

観光スポットとしてすっかり定着したKCC(カピオラニ・コミュニティ・カレッジ)のファーマーズマーケット。

毎週土曜日の早朝から開催されており、野菜や生花、プレートランチやドリンクなど様々なテントが並び、見ているだけでも楽しいですし、ワイキキから近いとあっていつも沢山の観光客で賑わっています。

でも実はファーマーズマーケットは土曜日のKCC以外にも色々な場所で開催されているのをご存知でしょうか。今回はワイキキからアクセスしやすいファーマーズマーケットをいくつかご紹介します。



カカアコ~のんびり楽しむ~

まずはカカアコのファーマーズマーケット、こちらも毎週土曜日の午前中、カカアコのワード・ウェアハウスの駐車場で開催されています。



規模はKCCに比べて小さいですが、その場で焼く石釜ピザのお店があったり地元のバンド演奏があったり、のんびりとした雰囲気のマーケットです。

アラモアナショッピングセンターからも徒歩圏内ですのでアラモアナでのお買い物前に立ち寄るのもいいかもしれません。



フォートストリートモール~ローカルの雰囲気を感じる~

また、ダウンタウンのフォートストリートモールでも毎週火曜日と金曜日の午前中にマーケットが開かれています。

こちらはローカル色が強く、学生や周辺のビジネスマンがランチなどを買っている姿をよく見かけます。



ナイト・マーケット~お土産選びに最適な場所~

上ワイキキ滞在時に一番おススメなのはワイキキのホテル、ハイアット・リージェンシー・ワイキキの1階で毎週火曜日と木曜日夕方から夜に掛けて開催されているナイト・マーケット。

野菜や果物、プレートランチなどの他に、ローカルのアーティストなどが製作したアクセサリーや雑貨、アートなども販売されており、お土産探しにも最適です。

また、ワイキキの中心地で開催されているので帰りの交通手段を心配する事もありません。

ナイト・マーケットはこの他にも毎週水曜日にニール・ブレイズデールセンターの駐車場付近(Ward Av.とSouth King St.の角)でも開催されていますのでレンタカーを利用しない人や、土曜日にマーケットに行けない人はこのようなマーケットを利用するのもいいのではないでしょうか。



ファーマーズ・マーケットに行く場合は詳細を確認してから

ファーマーズ・マーケットは祝日や会場の都合により開催されない日があったり、日程や時間が変更されることがありますので、行かれる方は事前に主催者のウェブサイトなどで開催時間や出店ベンダーなどを確認されてから行かれることをお勧めします。





※記事内の情報は本記事執筆時(2015年11月)の情報です。

PAGE TOP