コラム

ハワイからアロハの心を送る

インターネットや電子メール、SNSが普及しても、旅先から届く絵はがきや贈り物はやはり嬉しいものですよね。



贈り物を日本からハワイへ

ハワイから絵はがきや荷物を送るにはどこにでもある郵便局が便利。



ワイキキにはサラトガ通り(Saratoga Rd.)に、またアラモアナショッピングセンター内(山側1階)にもあるのでお買い物のついでに気軽に立ち寄る事ができます。

利用方法は日本の郵便局と基本的には同じで、送りたいものを郵便局に持っていくだけですが、封書やその他の小包などの郵送料金は重さや大きさ、また到着までの日数によって異なるのでそれらを日本に送付したい場合は窓口で「TO JAPAN」と言って荷物を出せば、大体到着までにかかる日数と料金を教えてもらえます。

また日本に送れないものや税関申告書類(Custom Form)の記入が必要な場合もありますので、その場合はカウンターの人が教えてくれます。



FOEVER~いつでも使える切手~

残念ながら日に日に郵便料金が値上がりしています。

そこで絵はがきを沢山送る人にお勧めしたいのが「FOREVER」と呼ばれる切手。

その名の通り永久に利用できるので、まとめて買っておけば将来郵便料が値上げされても追加料金を払わずにそのまま使うことができます。

キャラクターをデザインしたものや、クリスマスシーズン用など様々なデザインがありますので、郵便局で見本を見せてもらい何枚かまとめて購入しておけば、次の旅行の際にも使用できるので便利です。



荷物の発送は日本語で

英語もあまり得意ではないし、郵便局はちょっとハードルが高そう・・・という人にはハワイにある日本の宅配サービスの会社を利用することもできます。

オアフ島のみのサービスですが、ワイキキ内のホテルであれば荷物の引取りにも来てくれますし(時間指定など条件があります)、荷物を入れるダンボール箱やテープなどの梱包材料なども有料ですが用意してくれます。





また、通関に関する面倒な書類なども丁寧に日本語で教えてくれますので英語が不安な人にはとても便利なサービスです。

長期旅行でうっかりお土産や荷物が増えてしまった人でもこれらのサービスを利用して先に荷物を日本に送っておけば、帰りの荷物を心配する事なく安心して旅を続けることができます。このような便利なサービスを賢く利用して快適なハワイ滞在をしたいものですね。



※記事内の情報は本記事執筆時(2015年11月)の情報です。

PAGE TOP