コラム

ハワイでホエールウォッチング

ハワイでは毎年冬がホエールウォッチングのシーズンです。




毎年12月頃になると遠くアラスカ沖から出産・子育ての為に多くのクジラがハワイ諸島周辺の暖かい水深の浅い海まで南下して来ます。

そして冬の間出産・子育てをして4月ごろにはまた3,000マイル(約5,000キロメートル)も離れた北の海へ帰っていくのです。ハワイに毎年南下してくるのはハンプバック・ホエール(Humpback Whale)と呼ばれるクジラで日本名ではザトウクジラと呼ばれ、そのメスは体長約4フィート(約13m)、体重は40トンになるともいわれており、春近くになるとメスのクジラが子供のクジラと一緒に海を回遊している姿をあちらこちらで見ることができます。



マウイ島~大迫力のホエールウォッチング~

ハワイ諸島の中でもホエールウォッチングで最も有名なのはマウイ島。

シーズンになるとマウイ島南部のラハイナ港などからいくつものホエールウォッチングのボートが出港します。

ハワイではクジラの保護のためにクジラの100ヤード(約90メートル)以内に接近してはならないことになっているため、あまり近くまで寄ることはできませんが、それでも海の上で見るクジラは迫力満点。



船上からは頻繁にブロー(スパウトとも呼ばれる)というクジラが潮を吹き上げる行動をかなりの確率で見ることができ、運が良ければ尾ひれを海面に叩き付けるテール・スラップやブリーチングと呼ばれる豪快なジャンプが見られることもあります。

またこうしたホエールウォッチング専用のボートにはソナー(探知機)や水中マイクが装備されているものもあり、マイクを通して「クジラの歌」とよばれるクジラが海中で発する音などを聞けることもあります。



ホエールウォッチングの注意点

マウイ島のホエールウォッチングツアーは午後になると風が強くなり船が揺れることが多いのでツアーに参加するのであれば午前中がお勧めです。

また、サングラス、日焼け止め、帽子、双眼鏡、船に酔いやすい人は酔い止めなどを持参すると快適なホエールウォッチングを楽しむ事ができるでしょう。

またボートに乗らなくてもシーズン中は島のあちこちで陸上からもクジラの姿を見る事ができます。



パパワイ・ポイント~雄大なクジラの姿を楽しむ~

有名なのはマウイ島の南側、パパワイ・ポイント(Papawai Point)という展望台で広大な太平洋の海原にクジラが吹き上げる潮をいくつも見る事ができます。

クジラはハワイではコホラ(Kohola)と呼ばれており、ハワイの伝説にも登場する神聖な動物として崇拝の対象にもなっています。冬にハワイに行かれる際は雄大なクジラの姿を是非楽しんでください。

PAGE TOP