コラム

コナコーヒーとカウコーヒー

ハワイのお土産の定番のひとつとして、コナコーヒーはつとに有名。ご存知の人も多いかもしれませんが、コナコーヒーとはハワイ島のコナエリアで主に栽培・収穫されているコーヒーのことです。



コナコーヒーベルト~コーヒーの集う場所~

ハワイ島の一大観光リゾートエリアであるカイルア・コナから南北へ伸びる11号線沿いに南下していくと、いくつものコーヒー農園が点在していることが分かります。

この一帯は「コナコーヒーベルト」と呼ばれており、カイルア・コナからのアクセスがいいこともあって、多くのコーヒー農家が観光客向けファームツアーやコーヒーの試飲や直売などを行っており、世界中の観光客から人気を集めています。



また日本の大手コーヒーメーカーとして有名なUCCの経営するコーヒー農園もこのコナコーヒーベルトエリアにあり、ここで栽培されたコーヒーの多くは日本へ輸出されています。

コナコーヒーの歴史は意外と古く、ハワイ島でコーヒー豆の本格的な栽培が始まったのは19世紀中頃と言われ、現在ではフアラライとマウナ・ロアの山の西側の斜面で育てられ、焙煎されるコナコーヒーは世界中でその地位を確固としたものにしています。



カウコーヒー~ハワイの隠れた特産品~

最近、このコナコーヒーを凌ぐ品質といわれているのがカウコーヒーです。



カウコーヒーはハワイ島中南部、コナコーヒーの栽培地とは反対側、マウナ・ロアの東側の斜面で栽培されており、ここ最近世界規模のコーヒーの品評会で立て続けに高い評価を得たこともあって、今ハワイ産のコーヒーの中でも最も注目を浴びています。

カウコーヒーの歴史はコナコーヒーに比べて新しく、現在のように本格的に栽培・出荷が始まってからまだわずか20年弱といわれています。

また栽培農家も小規模な家族経営の農場がほとんどで出荷量もコナコーヒーに比べて極端に少ないため、ハワイでもその名前すら知らない人が多いそうです。

酸味のやや強い・フルーティーな味が特徴のコナコーヒーに比べ、酸味が少ないまろやかな味がカウコーヒーの特徴とされ、その味に魅せられるカウコーヒーのファンも確実に増えて来ており、最近ではオアフのスーパーでもカウコーヒーが入手できるようになってきました。

中でもカウ地区のコーヒー農園で唯一、ハワイ州農業局より高品質である「SEAL of QUALITY(シール オブ クオリティ)の認定を受けているAIKANE PLANTATION COFFEE(アイカネ プランテーション コーヒー)は特に人気があり、オアフのファーマーズマーケットなどでもブースを出しているので、ハワイ島まで行かなくても気軽に購入する事ができます。その場で飲む事もできますので、香り高いカウコーヒーでハワイの1日をスタートするのはいかがでしょうか。

PAGE TOP