コラム

アロハの心〜レイについて〜

ハワイに来た事がある人の中には空港やホテルで色鮮やかな花でできたレイを首に掛けてもらった経験がある人も多いのではないでしょうか。

ハワイでは様々なシーンでレイを見かけます。結婚式や卒業式、または会社でのフェアウェルなど、ハワイの人はその時々で様々な気持ちを込めてレイを贈ります。



オーキッド・レイ

その中でも最もポピュラーなのはオーキッド・レイと呼ばれるランで作られたレイ。



オーキッドの他にもハワイではピカケと呼ばれるジャスミンの花やプルメリアを使ったレイなども有名です。

これらのレイは人の手によってひとつひとつ丁寧に作られており、空港付近でレイを売っているレイスタンドやチャイナタウンのレイの専門店では針と糸を使ってこれらのレイを見事な手さばきで作っている人を見かけることがあります。

レイの種類によっては精巧に花びらを幾重にも折り畳んだり、何種類もの葉と花を複雑に編み込んで作られるものもあり、こういったレイはずっしりと重いものもあり、そのようなレイはそのお値段もなかなかのものです。



レイは花だけじゃない

また、花を使ったレイの他にも貝殻で作ったシェル・レイやククイの実を使ったククイ・レイ、サテンリボンで編むリボン・レイ、古代ハワイでは高貴な人しか身につけることのできなかった鳥の羽根で作ったフェザー・レイなど、レイの種類は実に多種多様。



また、最近では子供への誕生日や卒業式などのプレゼント用にキャンディやチョコレートを専用のネットに入れて作られたお菓子のレイやお札を綺麗に折ってつなげたレイなども見かけます。



レイ・デー

このようにレイをとても大事にしているハワイ、なんとレイ・デーというレイの日があるのです。

その日は毎年5月1日、日本では「メイ・デー」と呼ばれる労働者の日として有名ですが、ハワイではこの日は自身でレイを身につけたり普段お世話になっている人に贈ったりするレイの日に指定されています。



この日はレイに関するイベントも数多く行われ、最も有名なのが毎年カピオラニ公園で行われるレイ・デー・セレブレーションと呼ばれるイベント。

その中で最も盛り上がるのがレイ・コンテストで、ハワイの各レイメーカーが自慢の作品を出品します。

審査後の作品は一般にも公開されますが、作品のどれもが正にアートと呼ぶにふさわしい作品ばかり。

その場で作り方を実演している事もあるので、興味のある人には一見の価値ありです。

また、ワイキキのホテルやショッピングセンターなどではレイの製作を気軽に体験できるクラスなども頻繁に行われていますので参加してみるのもお勧めです。

簡単なシングルレイでも実際に作ってみると意外と難しいものなので挑戦してみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP