コラム

ハワイ・スーパーマーケット活用術

ハワイに長期で滞在する人も増えているこの頃、ホテルではなくコンドミニアムや貸別荘などに滞在する人も多いのではないでしょうか。

コンドミニアムや貸別荘に滞在しているとレストランでの食事ばかりでは飽きてしまい、自炊をする機会もあり、自炊するとなるとスーパーマーケットを利用することも多いはず。そこで、今回はハワイでのスーパーマーケットを賢く利用する方法をいくつかご紹介します。



野菜や果物は量り売り

まずハワイのスーパーマーケットで日本のそれと大きく異なる点は野菜や果物が量り売りのところが多いこと。

大抵のスーパーでは売り場に野菜や果物が山積みになっており、ポンド(アメリカではLB、lbsなどと表記します)毎の値段が表示されています。



1ポンドは大体450グラム位ですので、2ポンド=約1キログラム弱と覚えておくとお肉や魚などを買う時にも便利です。

店内のあちらこちらにハカリがあるスーパーが多いのでそこで欲しい分だけを計ってかごに入れ、そのままレジで会計をします。ハワイのスーパーマーケットのキャッシャーマシンには大抵重さを計る機能が内蔵されているので、その場で重さを量り会計をしてくれます。

たまに日本のスーパー同様、パック売り、袋単位で売られている野菜などもありますが、そのような場合には「$◯◯/Bag」などと表記されており、また袋やパックに値段が表記されていることが多いので買う際によく見てから購入することをお勧めします。



会員カードで得をする

また、SafewayやFoodlandなどハワイにある大型スーパーマーケットでは会員カードを発行しているところが多いので滞在中に何度も利用するスーパーがあればそこの会員になっておく事のもコツ。Costco、Sam’s Clubなどの一部会員制スーパーを除き、これらのスーパーの会員は登録料や会費は基本無料、その場で名前と電話番号程度の簡単な情報で会員登録をすることができ、1度登録しておけば次回からはレジで会員カードを提示するだけで自動的に会員価格でお買い物をすることができます。

但し、店舗によっては一定期間買い物をしないと自動的に会員登録が抹消されてしまうこともあるのでご注意を(条件は店舗によって異なります)。物価の高いハワイ、ローカル気分で賢くお買い物したいものです。

PAGE TOP