コラム

ハワイでメリ・カリキマカ!〜ホノルル・シティライツ〜

サンクスギビングデーが終わると、クリスマスはもうすぐそこ。ハワイでも街のあちらこちらで大小色とりどりのクリスマスツリーが飾られるようになります。



ホノルル・ハレ~ダウンタウンのイルミネーション~

そんなハワイの人達が毎年楽しみにしているのがホノルルのダウンタウンで行われる「ホノルル・シティライツ」。通称「ホノルル・ハレ」と呼ばれるホノルル市庁舎を中心としたダウンタウン一体で行われるクリスマスイルミネーションイベントです。

Honolulu City Lights

http://www.honolulucitylights.org/



1985年から始まったこのホノルル・シティライツ、毎年12月の初旬から1月の初旬まで約1ヶ月に渡り開催されます。

ホノルル市庁舎の前にはその年のテーマに沿って飾られた大きなクリスマスツリーがそびえ、市庁舎の前を通るキング・ストリート沿いの街路樹には色とりどりのイルミネーション、道沿いの芝生にはクリスマスをテーマにしたスノーマンの家族やトナカイ、ハワイのメネフネたちの大きな像たちが道行く人を楽しませます。



その中でも特に目を引くのは市庁舎の前にある噴水に腰掛ける大きなサンタクロースの像。

このサンタクロース、高さは21フィート(約6.4m)、重さは約2トンもあり、ハワイの挨拶のポーズであるシャカ・サインをしていることでも有名です。

ちなみにこのサンタクロース、ハワイだけあって衣装は半袖、半ズボン、隣にはムームーを着た奥さんのアンティも並んで座っています。

また、期間中市庁舎や周辺の建物もクリスマスカラーでライトアップされ、市庁舎内も趣向を凝らしたクリスマスデコレーションの展示やサンタとの撮影会などのイベントもあり、期間中は毎年多くの人で賑わっています。



メインイベント~パレードと点灯式~

ホノルル・シティライツのメインイベントはなんといってもイベント初日のパレードと市庁舎前のクリスマスツリーの点灯式。当日はまだ明るいうちから通りはパレードを見る為の場所取りの人たちで溢れ、暗くなるのを今やおそしと待ち構えます。

陽が沈み、暗くなってくると電飾で飾られた様々なフロートやバンドなどがパレードし、中には子供達にお菓子を配るパレード参加者などもいて、子供達は大喜び。

そしていよいよ市庁舎前のクリスマスツリーが点灯されると、一気にクリスマスムードが高まります。



オリジナルオーナメント~ハワイのクリスマスに触れる~

また、このイベントでの人気商品が毎年発売されるホノルル・シティライツのオリジナルオーナメント。

オーナメントのデザインは毎年異なり、サンタがサーフィンしているものやスキューバダイビングしているハワイらしいデザインのものも。

このオーナメントを買うのを毎年楽しみにしている人も多く、人気のデザインはすぐに売り切れてしまうのだそうです。

ちなみに今年2015年のオーナメントはなんとサンタが子供たちにシェイブアイスを振る舞ってっているデザインだとか。

毎年イベント期間中はワイキキエリアなどからもイルミネーション見学ツアーのトロリーが運行しているようですので年末年始ハワイにお出かけの方はワイキキから少し足をのばしてハワイのクリスマスを楽しんでみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP